いろは坂配列練習道場

~単打最多の最凶かな配列を10本指で調教しよう~

はじめまして

配列屋兼タイパーのめんめんつです。作文タイピング練習も兼ねて自分の配列紹介やキーボード入力技術考察の情報発信をやってます。 いろは坂配列:特殊ホムポ・単打特化の打鍵数最小かな配列 紹介 https://ch.nicovideo.jp/chidauyu/blomaga/ar1778989 創作…

ライター式タイピングとタイパー式タイピング

タイピングにはタイパー打ちとライター打ちの二つの道があるということを、ようやく実感しました。 もともとはタイパーとして配列開発してましたが、両方の道が見えたとたん配列界で迷子になりつつあります。 ともあれ、タイパーがライター打ちの片鱗を掴ん…

かな配列は30キーに納めるべきか

月林檎配列は33キー配列であり、小指担当が4+5=9あります。 万人向けを謳うにはちょっと多いんですよね。というわけで週末にでも30キー版も組んでみようと思います (私は33キー版を使うと思いますが)。 カナ配列を30キーで納めるべきという主張はいろいろ…

月林檎配列(上段中指シフト3段かな配列)

2021年1月14日更新(ver1) 中指後置シフト方式の新しいカナ配列を作りました。 「月林檎配列」と呼ぶことにします。 太字は単押しで出します。 細字はキーを押してから★マークを押すことで出します。 (月配列とは異なり、後置シフト方式となってます。) 詳細…

手書きをやめてタイピングに逃げる理由

最近、配列界で勢力的に活動されている大岡さんはタイピングに対する手書きの優位性を何度も強調しています。 一方で、キーボード界隈ではびっくりするくらい手書きの事は話題になりません。同じ文字入力が土俵であるにもかかわらずです。これはあまり面白い…

タイピング中の脳内発声と指への負担の関係

「しゃべるようにタイピングする」感覚が前提の話になってしまいますが、 喋る時に自然と音圧が強くなる文字はタイピング時の押下時間が長くなる気がします。 そうであるなら、押下時間が長いと指に負担がかかるため、そのような文字は弱い薬指・小指では打…

微調整

3日前の記事 (冬休みの宿題) から微調整をしました。すみません。 また、kouy様作成の打鍵頻度表に当てはめると以下のようになります。 主な変更点は、Q:「ゅ」→「ま」、B:「ま」→「ゅ」、Y:「あ」→「ゃ」、シフトJ:「え」→「あ」です。 「あ」は単打に…

冬休みの宿題

冬休みなので最強の配列を作りました。 中指後置単シフト配列 (濁点含めて正確に言うと両中指上段後置シフト清濁同置カナ配列) です。 清濁同置の順次打鍵カナ配列としては珍しく (初?)、濁音・半濁音は全て2打以内で打てます。パ行はマ行+゛になってます…

配列設計のモチベーションたち

先人たちの配列を参考に、配列設計の軸となりうる要素について考えてきたのでかんたんに列挙してみる。 ①楽に速く打ちたい 練習せずとも速く楽に打てる配列を作りたい。というもの。 配列界で最もメジャーで古典的で無難なスタンスだと思う。 ②最強のタイピ…

人差し指シフト練習開始

この記事は以下の配列で打ってみよう。 どうせいろいろ修正するだろうから、いちいちアップデートする意味もないかもしれないが、 いま楽しいしいつ飽きるかもわからないから日記のように書き留める。 今日はシフト面のカナを吟味しなおして上図のような配列…

マウス依存症

大岡さんに記事が紹介されていた。嬉しい。 oookaworks.seesaa.net 「僕は右小指下段は全然嫌ではないのだが、この配列ではデフォのままになってて、もったいないなあと思ってしまう。」 そ、そうなのか。 この感覚の違いは斜めズレ配列と格子配列の違いとか…

順次打鍵で文章を書くには

前の記事から引き続き、人差し指前置シフト順次打鍵でタイパー性能を確保しつつ文章も楽しく打てるように配慮しようとしたらこうなった。 気軽な思いで組んでみたが、予想外に良い感じになりつつある。 まだ調整はまだ続くだろう。 順位打鍵配列代表の月配列…

人差し指前置シフトって無かった?

こういう系統の配列に興味がある。 ☆★が前置シフトで、人差し指シフト順次打鍵配列である。 (これは1発目の叩き台なので、ぜんぜん確定ではないです。) 人差し指シフトがそんな新しいとはまったく思ってなく、 月配列の開発で人差し指シフトを検討した人ぜ…

QWERTYは打てない方が良い

QWERTY打てる人がQWERTYに拘るのは呪いにかかっているからである。 感染者代表として私がQWERTYへの所感を書こう。 QWERTYは配列として客観的に分析したり、実際に毎日長時間連続で仕事で使ったりすると良くない配列なのは分かるし数々の批判もごもっともな…

月配列が気になっている

ここにきて月配列が気になっている。 いままで4段のいろは坂配列に拘っていたから月配列はスルー気味だったのだけど、 どうしても仕事でJISキーボードQWERTYも操らなければならないようになって、 これと相性の良いかな配列を新しく覚える必要性が出てきた。…

HHKBをかった

無刻印US配列デビューひゃっはー。ということで早速使いながらカタカタしていきましょう。 Type Sじゃない旧型のほうを買いました。最新版のやつ高すぎる。。 第一印象で、スペースの打鍵感が玩具みたいで驚き。失敗したか?Type Sではまともになっているの…

キーボード界隈の勢力図

私のアンテナが届く範囲ですが、キーボード界隈の実際の勢力図?を超勝手に描いてみました。 (修正要望は大歓迎です) 勢力図とはいいつつ、例えば図の円の大きさは独断と偏見なので、片目瞑ってみてください。 キーボード入力の三要素は物理配列/論理配列/タ…

ぼちぼち改造

検証の趣旨からアレンジはあまりよくないのだけど、こうした。 「れ」「を」はV5を参考。 S裏「を」は大岡さん的にNGだったらしいのでおそるおそる。 もともと「れる」/i が打てなかった。いろは坂配列ですらこの連接は定義していない (いや、もっと打ちにく…

薙刀式の親指シフト化に挑戦

oookaworks.seesaa.net いつも取り上げてくださり感謝の極み。 キー配列を特徴づけるのは大きくわけて文字の並びとシフト機構の2つである。 文字領域が作文に最適化された配列は薙刀式しかない。 プロの作家さんだからこそ作成できた配列であり、なかなか真…

センターシフトvs両親指同時シフト

いろは坂配列やQWERTYが得意な私は立場として遠いのだけど、前の記事のとおりライティングに好まれる配列について興味が出てきたので、配列屋として自分の感覚を交えて標題を考察してみよう。 センターシフトといえば新JIS。でも新JISはJIS規格として廃止さ…

いろは坂配列は話題語が (なぜか) 内側

大岡さんの薙刀式は作文に適した配列という点が特筆すべき。 私の理解が間違ってなければ、その核心は 日本語の骨格となるカナ、繋ぎの言葉をつくるカナを人差し指・中指に集中的に担当させ、頻出連節は快適なアルぺジオにすることという認識。 oookaworks.s…

いろは坂配列のヒートマップ

昔作っていたけれど、これは一つ前のバージョンだった。 https://twitter.com/mentype2/status/1109053722661773312/photo/1 いつもkouy様配布のシートを活用しております。 kouy.exblog.jp いろは坂配列のヒートマップをJISかなと比べるとこんな感じです。 …

自分の脳の仕組みがわかった

とかげ配列で、じゃらじゃら打つのが良いといいつつ、やっぱ間欠的じゃダメなのかなぁとか。 典型的な行段左右分離配列はQWERTYより遅いけれど安定して等速で打てるから良かったんだっけとか。 その辺の議論を思い出していた。 また、打鍵動画を撮るとあまり…

「とかげ配列」公開!

www.youtube.com ちょくちょく試していた新ローマ字配列、とかげ配列を撮りました! もう少し穏やかに打ってるつもりでしたが、見た目は想定以上に忙しない印象。 指の動きと実感はなかなかリンクしませんね。 とかげは軽快に機敏に間欠的に短距離を動きます…

楽器は声を超えられるか

結論からいうと無理です。 音楽性において声がもっとも優れており、感情を乗せやすく、倍音に富んでいて美しいとされます。 キーボードを介したタイピングは手書きを超えられるか?という議論について、 楽器を介して奏でる音は歌を超えられるか?というのと…

ブラインドタッチの必要性

私はブラインドタッチの習得が遅いほうです。 もちろん今はちゃんとできるんですけど。 ゆうほど必須じゃないとも思ってるんですよね。 タッチタイピングは本質的にはタイピングを遅くする行為であり、本当は配列表を凝視して脳内で打鍵パターン組み立てなが…

新JISかじった

連続シフトと作文の相性に興味があるのでとりあえず新JIS配列をかじってみました。 二日でJは割とはやい気がします。 タイプウェル以外でも軽い創作文で練習しました。 ちゃんと練習してからじゃないと配列のレビューをするべきではない気もしますが、 人間…

連続シフト方式の二面性

連続シフト方式は楽さは売りですが、配列界では"遅い"とされます。 これは連続シフト方式といいつつ連続的にシフトが成立するケースが少なく、実質的に「断続シフト」が主となってしまっているせいです。 新JISの連続シフト方式が使いにくかったから配列界で…

個人的配列葛藤

生涯、配列なに使っていけばいいんだろうなぁと改めて考えてみたら例のごとく盛大に沼ったので雑記。 QWERTYとJISかなのタイパー的経験から、いろは坂配列をつくった。 実はいろは坂配列を開発した時点では他の配列に意図的にあまり目を向けなかった。 それ…

大岡さんの最新動画

色分けでシフト機構を明示とは考えた事なかった。。すごいわかりやすい。 www.youtube.com 私はシフトが単純なかな配列しか手を出してなく、それは複雑なシフト機構は無意識化の邪魔になると思っていたからなのだけど、 実はそうでもないということがよくわ…